カテゴリ:漁港・漁村( 8 )

2008年 09月 08日
変わらぬ日々の中で(真鶴にて)
c0141967_015531.jpg
HASSELBLAD 503CX S-Planar 120mm RDPⅢ 神奈川県真鶴

豆腐売り(奥の白い軽自動車がそうです)の声が響く、いつもと同じであろう午後のひとときでした。

真鶴シリーズ第3弾、お楽しみ頂けましたでしょうか?
おつきあい頂き、ありがとうございました。

実は、今回のタイトル
day's photo.のAKIさんのAPA AWARD 2007 入選作品のタイトルに酷似しています。(写真はまったくちがいます)

酷似に気がつき、タイトルの変更も検討しましたが、どうしても他にいいタイトルが思い浮かばず、そのまま行かせて頂くことにしました。(AKIさんお許し下さい)

<2008.9.9追記>
いつも遊びに来て頂いているKenclipさんが、素敵なエントリーをアップされています。

仏さま その三
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-09-08 00:34 | 漁港・漁村 | Comments(10)
2008年 09月 05日
遠い日の記憶(真鶴にて)
c0141967_23302770.jpg
HASSELBLAD 503CX S-Planar C120mm RDPⅢ 神奈川県真鶴

真鶴は、漁業、上質の石材とされる小松石、観光業と、古くから産業に恵まれて来たようです。
近年は、漁業と観光業が下火となり、そのためか、古びたものも多いのですが、立派なお屋敷や、手入れの行き届いた家もよく見かけ、寂れているという雰囲気はあまりありません。

このお宅も、築40年は経っていると思われますが、よく手入れされた庭木に囲まれた玄関先に惹かれました。
今では、年季も入り、すっかり落ち着いた佇まいですが、ここまでに至る日々に思いを馳せながら、シャッターを押しました。
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-09-05 23:41 | 漁港・漁村 | Comments(10)
2008年 09月 04日
光陰(真鶴にて)
c0141967_2337174.jpg
HASSELBLAD 503CX S-Planar C120mm RDPⅢ 神奈川県真鶴

真鶴駅前の道路を渡る地下道です。
地下道で渡らなければならない程、広く交通量の多い道路ではなく、普通の両側2車線の道路です。

地下道の階段を下りる途中、別の階段に光が降り注いでいるのに目が留りました。
ヒンヤリとした空気、陰湿な感じの壁、降り注ぐ光、何とも言えない印象的な雰囲気でした。

いつも遊びに来てくれているhesseさんが、『今週のピックアップブロガー』で紹介されています。

<2008.9.5追記>
タイトルを「地下道」から「光陰」に変更しました。

「光陰」は、「光と陰」という意味と、「年月」という意味を掛けています。
ピンと来ないタイトルかもしれませんが、見た人が色々発想を広げられるタイトルにしたいと思い、あえて特定のイメージに結びつくようなタイトルにはしませんでした。

頂いたコメントから、沢山ヒントを頂きました。(ありがとうございます)

<2008.9.20追記>
日常の断片masa-umさんが、とても渋い壁の写真をアップされています。
Silhouette 2.
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-09-04 00:05 | 漁港・漁村 | Comments(14)
2008年 09月 01日
夏の日の思い出(真鶴にて)
c0141967_2303469.jpg
c0141967_2305619.jpg
HASSELBLAD 503CX S-Planar C120mm RDPⅢ JR東海道線根府川駅

真鶴シリーズ第3弾ということで、シリーズという程まとまりはないのですが、4回連続で、これまでとちょっと違った真鶴での写真をお見せしたいと思います。

真鶴へは東海道線で行ったのですが、真鶴駅の一つ手前の根府川(ねぶかわ)駅で、通過列車のため5分程度停車してしたため、ホームに出てみました。

すると、そこは、ひなびたとてもいい雰囲気のホームで、少年時代のことが思い出される光景がそこにありました。
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-09-01 23:28 | 漁港・漁村 | Comments(8)
2008年 06月 28日
昼下がりの漁港4
c0141967_2246048.jpg
HASSELBLAD 503CX S-Planar C120mm RDPⅢ 神奈川県湯河原町福浦

またしても魚の干物ではなく、手入れされた網が干されているのを見つけました。

ここはテラス状の木造の建物で、漁の道具が置かれていたり、ソファーが持ち込まれたりしており、漁師の方の待ち合い施設という感じでした。
実は、雑然と言うか、結構汚く、邪魔なものをフレームから外したり、網で隠したりしながら、フレーミングしました。

真鶴、福浦漁港での4回シリーズも、今回で終了です。おつきあい頂いた方、ありがとうございました。(真鶴での他のカットは、後日、掲載します。)

次回は、STATIONシリーズ第4弾です。
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-06-28 23:04 | 漁港・漁村 | Comments(8)
2008年 06月 27日
昼下がりの漁港3
c0141967_2313836.jpg
HASSELBLAD 503CX Planar CF80mm RDPⅢ 神奈川県湯河原町福浦

福浦漁港での4回シリーズも、もう3回目になりました。

漁港と言えば何と言っても「干物」です。
魚やイカを干している光景を撮りたいと思って探しまわったのですが、見つけたのは、作業服の干し物でした。(笑)

という訳ではありませんが、
作業服の干されている様が、この昼下がりの漁港を象徴しているようで、妙に、心に残りました。

---------------------------------
2008.6.28 22:45使用レンズ訂正(S-Planar C120mm → Planar CF 80mm)
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-06-27 23:24 | 漁港・漁村 | Comments(4)
2008年 06月 27日
昼下がりの漁港2
c0141967_23553698.jpg
HASSELBLAD 503CX S-Planar C120mm RDPⅢ 神奈川県湯河原町福浦

前回に引き続き、昼下がりの福浦漁港です。
漁船はとっくに漁から帰って来た様子で、人影も疎らで、港はのんびりとした空気が漂っていました。
年季の入った一艘の漁船が目に留まりました。
町並みも入れて、福浦全体の雰囲気と一緒に収めることができればと思って撮りました。
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-06-27 00:09 | 漁港・漁村 | Comments(2)
2008年 06月 25日
昼下がりの漁港1
c0141967_22233765.jpg
HASSELBLAD 503CX S-Planar C120mm RDPⅢ 神奈川県湯河原町福浦

初島で、漁村の風景を撮影したときに感じたのですが、どうもぼくの原風景の一つに漁村があるようです。
ぼくの母親の実家が愛媛県宇和島(正確には、宇和島から船で20分程度にある九島という小さい島)で、小学生の頃、隔年で、夏休みは一家で帰省していました。
母親の実家なので、2週間ぐらい滞在していましたので、そこでたっぷりと漁村の生活を味わったことが、漁村の風景を見ると、とても懐かしい気持ちになることの根底にあると思っています。

本当は、長崎の五島列島みたいなことに行きたいのですが、それは現在の身の上では、無理な話なので、自宅からアプローチがしやすいところを探していたところ、真鶴があがってきました。
真鶴は自宅のある戸塚から東海道線一本なので、自宅から1時間と少しあれば真鶴駅に着きます。

前置きが長くなりましたが、ということで、先日、休日出勤の代休の際に、真鶴まで行ってきました。その時に撮影したものを、今後、何回かのシリーズに分けて掲載していこうと思います。

まず、4回シリーズでお届けする第1弾です。

追記:第1弾の撮影地、福浦は、正確には湯河原町です。(ただし、最寄り駅は真鶴です)
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-06-25 22:50 | 漁港・漁村 | Comments(4)