2008年 10月 21日
佃島2
c0141967_23385572.jpg
HASSELBLAD 503CX Planar CF80mm RDPⅢ 東京都中央区佃島

今も路地裏の懐かしい風景や下町の風情が残る町、佃島、2回目の今回は、佃島と言ったコレ、「路地裏」です。

佃島は、震災や戦火から逃れることができたため、江戸時代の町並みが残っています。
佃島の特徴は、通りと通りの間を幾筋もの細い路地が通り、その路地を挟んで向かい合う形で、家々が連なっています。

大阪から移り住んで来た漁民達が、一から町を造ったため、このように整然とした町並になったのでしょう。また、漁業という同じ職業で助け合いながら生活を営んでいたからこそ、これほどまで家と家が接近した形でも、諍いなく生活ができたのだと思います。

今は、静かな、この路地裏にも、かっては、人々の笑い声、子供達の歓声、赤ん坊の泣き声がこだましていたに違いありません。

あっ、このように書くと、現在の佃島は、お年寄りばかりで人通りもまばらな寂しいところのように思われるかもしれませんが、そうではありません。(そのあたりは、後日のエントリーでふれる予つもりです)
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-10-21 00:05 |


<< 佃島3      佃島1 >>