2008年 12月 23日
「祈りの季節」11(シリーズ「谷戸の四季」)
c0141967_21585418.jpg
HASSELBLAD 503CX Sonnar 250mm Provia100F 横浜市戸塚区舞岡

都市近郊に今も里山の風景を残す舞岡地区、その里山の四季折々の情景をお届けしているシリーズ「谷戸の四季」の第4弾「祈りの季節」(全15回)も第11回まで来ました。

今回は、梅雨の頃6夏の日3で紹介し、第8回、第9回の民家と並びこのシリーズの中核的な存在である民家の登場です。

明治30年代に建てられたそのままの姿を保っているこの民家、背後には竹林が鬱蒼と茂り、この一角だけを見ていると、古の時代に迷い込んだような感覚を覚えます。

この日は、秋の低い陽の光によって周辺の樹々が輝き、印象的な光景を作り出していました。

<補足>
このシリーズの背景・経緯については、「梅雨の頃1」に記載しています。

タグの「谷戸の四季」をクリックすると、シリーズのエントリーがまとめて表示されます。
[PR]

by tatsuya_kitao | 2008-12-23 22:39 | 里山


<< 「祈りの季節」12(シリーズ「...      「祈りの季節」10(シリーズ「... >>